ジュエリーデザイナー



御挨拶


宝石を販売する宝石店ではなく、ジュエリー製作のみを専門に扱う

直接お客様と面談してご意向を伺い、デザインを描く(デザイナー常駐)

それを元に、出来上がりの最後まで責任を持って監修し納品する(工房併設)

独立後10年を経て、私の目指していた形がようやく出来上がってまいりました。少しずつお客様にも認知されるようになりとても嬉しく思っています。

最近は、市販の『メーカー枠』へ石を載せ替えるリフォームショップや、「デザインを描きます」と唱うショップもだんだんと増えてきました。

ではこれから私共ジュエラーは、何が競われるのでしょうか?


それは『経験』『センス』そして『人間力』だと思っています。


『経験』

『経験』は、長年ひたむきに取り組んで、初めて得られるものです。宝石や素材、加工技術についての知識はもちろん必要ですが、ただ知識があるだけでは十分ではありません。

私の元には、様々なジュエリー、様々な宝石が持ち込まれます。お客様のご希望や想いは千差万別ですから、臨機応変に、そして的確に、お客様の目線に立ったアドバイスを差し上げるには、やはり経験が物を言います。


『センス』

『センス』は、ある程度は個々に備わっているものだと思いますが、流行やトレンドにいつも敏感になっておくことも必要だと思います。出来がどんなに良くても、「誰が、いつ着けるの?」という物では・・・。ジュエリーだけに留まらず、ファッション全体から見たコーディネートのご提案が必要だと考えています。


『人間力』

そして、あえて『人間力』と書きましたが、これはお客様に寄り添う気持ちです。
お客様のご希望を叶えるために注いだ『想い』や『エネルギー』。
既製品をポンっと買っただけでは得られない『満足感』。そういった形の無い物もまた、私が提供できる商品であります。


私のジュエリー制作にとって、主役はお客様です。

お客様が安心してお任せくださり、幸せを感じてくださること、これが私の仕事のゴールだと思います。無機物であるジュエリーに、命はありません。
ですが私共が注いだ情熱と、お客様が愛でて可愛がってくださるお気持ちによって、そのジュエリーは、目には見えないパワーを宿したものへと変化します。そしてそのジュエリーは、お客様へさまざまな幸せを運ぶのだと信じております。


最後に

毎日笑顔で、お客様と楽しく接していきたいと思っています。
私の無理難題に付合ってくれる職人、サポートしてくれる仲間、みんなに感謝しながら、日々過ごしていきたいと思っています。そしていつか、これをご覧いただいているあなた様ともご縁がありますように。



86

ジュエリーデザイナー 林ゆかり

株式会社ジェムプラス代表取締役

GIA GG(米国宝石学会認定宝石鑑定士)
(社)日本リ・ジュエリー協議会ジュエリー・リモデル・カウンセラー1級
(財)メンタルケア協会 メンタルケア・スペシャリスト

アメリカ・サンタモニカにてGIA GGを取得後、帰国。在日ワシントン州通商経済開発局にて秘書を務めた後、ジュエリーメーカーへ転職。希望だった商品企画・開発を長年務める。その後独立し、株式会社ジェムプラスならびに、ざまきドットコムを設立。現在はデザイン、製作監修、商品企画、ブランド立ち上げ等、ジュエリー製作の幅広い分野に携わる。

・ジュエリーデザインのページへ
・ブログ『ジュエリーリフォーム日記』