アレキサンドライト・キャッツアイ 146ピース

久しぶりの大作をご紹介します。
お送り頂いたのは大量のアレキサンドライトキャッツアイ!
こんな感じです。

ちょっと途方に暮れる私。。。。(汗)

17-5

できるだけたくさん使ったブレスレットがご希望です。
スケッチ等のやりとりを経て、ご提案させていただいたのが次のようなバングルです。

石が多いのでカラーチェンジも迫力がありますね!
キャッツアイ効果もしっかり見えていて、ひとつでも十分に主役となる品質です。

17-1

製作過程をご紹介いたします。

まずは石に合わせてひたすら座を製作します。
写真では石が留めてありますが、実は仮止めの状態。
いったんすべて石を外して、さあ、これから作った座を本体にロー付けしていきます。

17-6

制作した座にどの石を留めるか、が分らなくならないように書き留めておきます。

17-7

またどうしても隙間を埋めることができないスペースに合わせて、上記作業と同時進行しながら石を研磨。
その数なんと60ピース以上。

アレキサンドライト・キャッツアイはカボション(ドーム型)ですからひとつひとつ高さが違います。
高い低いのバランスを見ながら丁寧にロー付けしていきます。

本体にロー付け完了、メレダイヤも留めた状態がこちらです。↓

108

今回のバングルは蝶番で半分から開くようになっていますが
動き、付け心地等も確認し出来上がった作品のお写真を何枚かご紹介します。

17-2

トロンとしたアレキサンドライトの表情が魅力的です。

17-3

さまざまな光源の元で、いろいろな色へ変化を見せてくれるアレキサンドライト。
ドーム状のカットにくっきり浮かぶシャトヤンシー効果(キャッツアイ)。
2度楽しめる宝石の王様、アレキサンドライトキャッツアイをふんだんに使った贅沢なバングルです。
製作日数半年近くかかりましたが、世界にひとつ、
まさにオンリーワンのジュエリーが完成いたしました。

17-4

なお、現在毎日オークションの注目の作品としてお披露目されているそうです。




JEWELRY DATA

制作

オーダーメイドジュエリー

アイテム別一覧